さようなら Google

実は、以前、うちのサイトが、Wordpressで構築されたブログサイトだった頃、脱Googleしました!なんて話をかいたんだけども、その頃の名残か、Bingで『脱Google』なんて検索すると、結構上の方に、うちのページが出てくるんだ。

しかし、マズイことに、該当文書を今の形に写し直すのを忘れてて、そのせいで、当サイトには原文が現存しないんだ。なので、せっかく検索して来てくれた人々に悪いので、もう一度、該当文書を、現状に合わせて、リニューアルして、置いておこうと思う。

尚、このページは、対Googleで金銭のやり取り(有料サービスの利用やadsenceから収入を得ている等など)がないユーザ向けです。それらがある場合、対処は多少変わると思われるので、ご注意を。

Googleアカウントの削除

何よりもまず、Googleアカウントを消しましょう。使わないものをむやみに残しておくと、乗っ取られてスパムメールの送信に使われたりしてしまう可能性もあるし、消しておくに越したことはない。

その前に、Gmailを連絡先にしている人は、アドレス変更のお知らせなんかを思い当たる人々に送らなきゃいけないだろうし、Googleのストレージなんかを使ってたなら、それらに記録したファイルを回収してからじゃないとマズイだろうし、その辺のことを済ませてからね……という事で、手順を進めよう。

以前は、確か、アカウントに記録した情報をすべて消してから〜という手順があったんだけども、今では、Googleアカウントのページに『アカウントを閉鎖し、そのアカウントに関連するすべてのサービスと情報を削除』という長ったらしい名前のリンクをクリックし、切り替わったページで手続きをすれば完了。随分、楽になりましたな。

で、削除しても、Googleのサーバから完全に削除されるまで(長くて60日前後?)の間にログインすると、何かしらの手順を踏んで、中のデータはどうだかわからないけども、アカウント自体は復元できる。逆に言うと、そのくらいの期間でアクセスしてしまうと、せっかく消したものを復活してしまう恐れがある(復元する前に、確認画面は出たような記憶がある)んで、一応、注意。

Androidの同期設定を消す

これも、元のテキストの頃には、Androidの初期化をしなければいけなかったんだけども、どうやら、変わったらしく、Androidの『設定』の『アカウントと同期』に進み、該当Googleアカウントをタップした次の画面下右側『アカウントの削除』をタップ。これで、AndroidからGoogleアカウントの設定が消える。

メーラの方には、GMAILの代わりに、別のプロバイダのメールアカウントを登録しておけばいいし、持ってないなら、ケータイ会社のキャリアメールでも設定して使えばいいと思う。

すると、何が起こる?

今現在、ぼくが確認できてるのは、とにかく、GooglePlayは使えない、という事。これは、元テキストをかいた当時もそうだった。

GooglePlayにつなごうとすると、アカウントを作成するか、既存のアカウントを登録しろという画面が出てきて、これを済ませないと先に進めない。

GooglePlayというのは、Androidに於けるパッケージマネージャ(例えば、Debian GNU/Linuxで言うならAPTやDPKGに相当するもの……とでもいえばいいのか?)なので、これが使えないんだという事になれば、アプリのインストールとかアップデートはできない。(アップデートについては検証できてないけど、できないはずだ。)

他の、Googleとの同期を要さないものは使える。ただし、インターネットに接続するアプリについては、上記の通り、アップデートできないので、注意が必要かと。

尚、アカウントの登録をしなくとも、AndroidはAndroidなので、何かしらの個人的な情報は持っていかれてると思ったほうがいい。それを紐付けて利用するためのアカウントが無くなっただけであって、彼らは、依然として、スマホの個体識別番号——端末ごとのIDみたいな?——のようなものと、通話先、通信先の情報を集めうる、ぐらいの考えは持ってた方がいいと思う。

このあと、僕らにできるのは、2年縛りの類を考慮し、可能な限り速い段階で、Androidなスマホを解約すること。次は、ガラケーか、あるいは、WindowsPhoneの方がいいかもしれない。(僕は、あと半年くらい、今のスマホを使い続けないといけないんだ)

Googleの代替

で、せっかく、Googleアカウントを消滅させたんだ、もう暮らしの隅々からGoogleを消し去りたいじゃないか!となるのは必然でしょう。

ですが、ぼくの場合、メール以外は、さほどGoogle依存していなかったもので……。

こんなんなりました。

困ったのは、ToDoくらいかな。結局、メアドAからメアドB(どちらも僕自身のもの。受け手のメアドBはIMAP4に対応しているので、手持ちのデバイス全てからアクセスできる)に発生した予定とかタスクを送りまくるという、原始的、かつ、Most Simpleなやり方で対処してるけど、さほど不便はない。むしろ、シンプルでいい。

地図? ああ、そうねえ。Goo地図がいいとか、いろいろ聞きますが、僕は、WEB,画像検索と一緒に、地図も、Bing に乗り換え。ストリートビューも使ってなかったし、これでいいのよね。

ところで、その、WEB検索の話なんだけど、DuckDuckGoって検索サイトを勧める人がいるけど、いくらユーザのプライバシーに配慮してて素敵だって言っても、まだ日本語で使うには難しい(設定の保存と呼び出しの仕組みが何だか分からん)と思う。逆に、上記のメリットを素敵だと、その姿勢を応援したいと、そう云うのであれば、積極的に使ってあげるべきだとも思う。

僕の場合は、そのプライバシーに関して、検索サイトに求めるより、ブラウザの設定で乗り切ることにした。

具体的には、クッキーを基本全拒否にして、必要なサイトでだけ許可する。当然、Googleのトラッキングクッキーなんか、全拒否な設定の上で、わざわざ不許可に指定したものね。こういう設定を、FirefoxのCookie ControllerってAddonで簡単にできるんで、活用してる。

GoogleDriveはどうだろうねえ。置き場に困った程度の理由でオンラインに置いてるなら、ローカルに取り戻して、外付けのHDDにでも入れたほうが良くないかい? じゃなかったら、USBメモリだって、今は、ふた桁GBレベルのものでも安く売ってるしさ。代わりはいくらでもありそうだ。

僕は、Google云々もそうだけど、クラウドなんちゃらとかオンラインなんちゃらみたいなもの全体の見直しを図って、Firefox Syncでさえオフにしてるよ。設定の同期ぐらい自分でやるよ。

なんか、クラウド、クラウド、って盛り上がってるところ悪いけどさ、本当に、オンラインに委ねなきゃいけないものってなんだろうって考えると、仕事で仕方なくな人々はともかく、僕ら、個人ユーザレベルだと、DVD-RWでやれとかUSBメモリでやれみたいなものの方が多いんじゃないのかなあ……。

僕の場合、アンチGoogleってよりも、ただ単に、要らないものを整理しようって、それだけだったんだ。スマホ自体も整理しちゃいたいなあ……。