KDE4に於けるファイル選択

ついこの間、見っけたもんで。

GUIなファイルブラウザの上で、複数のファイルを選択するとき、おそらく、Ctrlキーを押しながら対象ファイル群をクリックとか、範囲選択とか、いろいろすると思います。少なくとも、僕は、Windowsのエクスプローラなり、GNOMEのNautilusなり、XfceのThunarなりでは、そうしてました。

でも、KDE4なら、KonquerorやDolphinで、もっと簡単に出来ます。そう。KDE4ならね。

参照画像1:オンマウスでアイコン右上に+マーク
(参照画像1)

ええっと、まずは、一つ目のファイルを選択しますが、普通にクリックで選択するのではなくて、マウスホバーすると、アイコンの左上に出てくる『+』ボタン(参照画像1)、これをクリックしてください。

そうすると、このファイルに対する選択がキープされたままになりますんで、その他に選択するファイルにも、同じ操作を繰り返してください。

どうですか? ctrlキーを押しっぱなしにしてなくても、複数ファイルの選択が、簡単にできたでしょ。

あとは、そのまま、他のWMでやるのと同じように、どれか一つをマウスで掴んで、ドラッグアンドドロップすれば、やはり、同じように、移動なりコピーなりできます。

で、こうして、選択したはいいんだけど、やっぱりファイル一個だけ選択から外したい、なんて場合にも御心配なく。

参照画像2:オンマウスでアイコン右上に−マーク
(参照画像2)

選択から外したいファイルの上にマウスを持って行くと、ファイルアイコンの左上、さっき、+マークの出ていたところに、『ー』マークが出てきます(参照画像2)んで、+んときと同じようにクリックしてやると、そのファイルだけが選択から外れます。

同じ操作を繰り返せば、幾つだって選択から外せます。ctrlキーの同時押しも要りませんよ。

もちろん、『これだったら、範囲選択のほうが早ぇじゃねえかよ!』という言い分だって、僕は否定しませんが、例えば、処理するファイルを目視で選び出しながら選択していく場合(今までは、いやが応なくCtrlキーの長押しを強いられていたケース)には、GUIでやるなら、こっちのほうが楽だなあと思うわけで。

というわけで、お好きな方法を選びながら、快適なGUIライフが送れます。そう。KDE4ならね。